« 2月2度目の東京出張 | トップページ | 雪かき »

2009年2月20日 (金)

塩原温泉 観光マイスター 第11回

昨日は 塩原温泉 観光マイスター 第11回が、千葉昭彦先生を講師に迎えて開催されました。

「塩原紀行」(尾崎紅葉)に見る明治の塩原と文学、の内容です。

前回も思った事ですが千葉先生が色々な作品の原文を何ページも暗唱できるのには驚きです。テレビに出られるのでは!とも思えます。

塩原紀行の中に、明賀屋本館のある塩の湯の記述があるので引用します。

「谷川の趣、塩原湯道の第一に推すべきか。」

「他に求むべからざる奇勝なり」 

また明賀屋から氏家の豪農に嫁いだ「お兼(かね)」さんが、遺言により塩の湯に行く道を私財で改修しました。、延べ6000人の工夫、7ヶ月の工期、費用5000円(1銭が200円位でしょうか)かかったそうです。

この事に感謝し、塩の湯に行く道の途中に記念碑がたっています。この記念碑から遊歩道も整備され仙人岩吊り橋、ビジターセンターへのハイキングコースになっています。

Simgp3131

« 2月2度目の東京出張 | トップページ | 雪かき »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487672/28230159

この記事へのトラックバック一覧です: 塩原温泉 観光マイスター 第11回:

» ウォーキング [ウォーキングStyleで行こう]
今、一番したいこと、それはゴルフのボールを打ちたい〜ことだ。左手の薬指に突き指をして・・・ [続きを読む]

« 2月2度目の東京出張 | トップページ | 雪かき »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31