« 塩原温泉観光マイスター学院 認定証授与式 | トップページ | 大田原法人会 講演会 塩釜4班宴会 »

2009年3月24日 (火)

新湯富士までの往復

塩原には川崎大師の不動尊のある須巻富士と、奥塩原 新湯(あらゆ)にある新湯富士があります。

新湯とは元湯(もとゆ)で地震が有った際、元湯から引っ越した方が旅館営業を始めて、新たに始まった場所の意味で新湯になった場所です。

連泊されたお客様が朝8時頃「新湯富士まで行ってくる」と出かけていきましたが、11時には帰ってきました。当館からは往復5時間かかる場所ですが、信じられない早さでした。年は私とさほど違わなさそうですが、凄い人がいます。

具体的なトレーニング方法を聞いたら「毎週山に登り、夏休みは10日間くらい、日本アルプスなどを縦走する」とのお返事でした。うらやましい限りです。

« 塩原温泉観光マイスター学院 認定証授与式 | トップページ | 大田原法人会 講演会 塩釜4班宴会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487672/28726639

この記事へのトラックバック一覧です: 新湯富士までの往復:

« 塩原温泉観光マイスター学院 認定証授与式 | トップページ | 大田原法人会 講演会 塩釜4班宴会 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31