« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »

2010年10月24日 - 2010年10月30日

2010年10月30日 (土)

10月29日 紅葉の状況

今日の塩原温泉は曇りで7時現在雨は降っていません。台風が近づいていますが、なるべく遠くを、スピードを上げて通過してもらいたいです。

昨日の日中、塩の湯から塩釜まで歩いて,仙人岩吊り橋周辺や四季の里周辺の紅葉の写真を撮ってきました。

仙人岩吊り橋はピークまでもう少し、四季の里周辺は間もなくピークを迎えそうな感じでした。

Simgp3646 仙人岩吊り橋の上流部分。赤く色づいてきました。

Simgp3651 仙人岩吊り橋付近の右岸が随分紅葉してきました。

Simgp3652 おかね道橋からの眺め

Simgp3656 四季の里橋付近

2010年10月29日 (金)

錦秋深山トレールウオーク

今日の塩原温泉は晴れ間も見えますが、雲が多めで町内では風が吹いています。塩の湯では全く吹いていませんが。

昨日は、ビジターセンター主催の錦秋深山トレールウオークに行ってきました。

これは尾頭トンネルを抜けた所から、東京電力塩原第22号鉄塔の管理の道と旧会津西街道を歩くコースです。

旧会津西街道は1683年に起きた日光地震で五十里湖の道が使えなくなったために整備された道です。会津方面と江戸を結ぶ大動脈だった時もあったようです。

ビジターセンター主催のイベントの参加は4月の若見山の時は雪!昨日は雨。Eさんや私が参加するときは天候が悪いですが、他の参加者の女性も雨の時が多いそうで、我々のせいだけではないようです。

参加者は約40名でしたが7割近くが女性でした。山ガールのブームなのでしょう。(私よりも年上のようでした)

出だしは、37曲がりと言われる割と急な登り坂です。雨は降り続いていましたが、木の葉っぱが雨よけになってくれます。鉄塔までもう少しの所に来た時、雨脚が強くなってきて、引き返すかどうかの判断を迫られましたが、参加者の「ここまで来たからには 鉄塔まで行きたい!」の声で鉄塔まで行くことになりました。

11時、歩き始めて1時間20分経って無事鉄塔にたどり着き、山並みや塩原の町並みを望めた時は、参加者の多くが歓声をあげ、私も来て良かったと思いました。鉄塔に着いた時は雨も小降りになっていました。

3日前、ビジターセンターの方が下見に来たときより紅葉は進んでいたそうです。お勧めのハイキングコースですが、知る人ぞ知るコースで、単独行は避けた方が良いと思われます。

Simgp3623 尾頭トンネルの日光市側から登り始めます。

Simgp3630_2

標高800Mを超えると、熊笹が現れます。

Simgp3639

22号鉄塔付近から見る塩原の町並み。ガスがかかっていましたが、一瞬視界が開けました。

Simgp3640 李王電化尾頭峠の碑

Simgp3643 下山途中に撮りました。これから赤が出てくるのでしょう。

2010年10月28日 (木)

畑下ストリートガーデン

今日の塩原温泉は曇りですが、風のない分昨日よりは寒くは感じない朝です。

最新情報でもお知らせした大根大鍋ふるまいの先陣をきって、31日(日)畑下温泉で「畑下ストリートガーデン」と銘うって午前10時から午後3時までイベントが開かれます。

塩原産の大根汁の無料ふるまいの他に、模擬店(有料)や餅つき、地元の人たちが日常使っている共同浴場の一般開放もございます。さらに11時30分からは、とちぎ未来大使 えりのあ のコンサートも予定されています。

模擬店では何を売るのでしょうか?想像ですが生ビール、焼き鳥のような気がします。

駐車場は交流広場などを使うようです。この畑下は国道400号線から坂を下った場所にあります。個人的な意見ですが、畑下はスイスのツェルマットのように車両の乗り入れは無くしたら良いと思っています。車は憩いの家跡地に停めて、やまゆりの吊り橋を渡って畑下温泉に入る。道路が旅館の廊下代わり、、九州の黒川温泉を思わせるような雰囲気の良い場所なのですが。

これも想像ですが、このチラシは私の同級生が作ったのでしょう。ついつい畑下びいきになってしまいますね。

Simgp3618

2010年10月27日 (水)

塩の湯道 現在

今日の塩原温泉は雲が多めですが、晴れ間も見えます。冷え込んで風が吹いていますが、紅葉がピークを迎える前で、助かりました。

塩釜温泉のバス停から当館まで、約1.4KMの距離です。

途中、四季の里の信号のない交差点から、塩の湯に向かって手前にあるのが、四季の里橋、奥にあるのがおかね道橋です。

このあたりで鹿股川は大きく蛇行していますが、紅葉もだいぶ進んできました。ここ数日冷え込むと赤い色が一気に付くのでは、と期待しています。

今日はおかね道橋を過ぎると、風がほとんどない状態でした。

Simgp3600_3 おかね道橋から鹿股川を望む

またおかねさんの石碑から仙人岩吊り橋を通り、ビジターセンターに抜けることができます。石碑から仙人岩吊り橋までは行けますが、そこから先は工事中で通行止めになっています。冬になる前に補修する必要がでたのでしょう。

Simgp3603おかねさんの石碑入り口に工事案内の看板が立っています。

Simgp3605八方ヶ原と塩の湯の分岐点から弥太郎山を見たところ。右の森におかねさんの石碑があります。

2010年10月26日 (火)

究極の温泉

今日の塩原温泉は曇りで、冷え込んではいませんが、風がでてきました。

温泉チャンピオンであり、一級建築士でもある郡司勇さんが「究極の温泉 伝統建築編」の中で当館を取り上げてくれています。

東北から九州まで33軒が載っています。

郡司さんの究極の温泉六ヵ条をご紹介すると

1、源泉掛け流しである。

2、湯量が豊富である。

3、泉質が多種類である。

4、湯の香りが良い。

5、湯の色が美しい。

6、浴室の造りが伝統的である。

です。

当館に関して、若干の補足説明をいたしますと、

3については当館の源泉は3本で、成分は異なりますが、どれも鉄分、塩分を含み茶褐色に見えます。姉妹館の彩つむぎの温泉が透明で泉脈が全く異なりますので、泉質の違いが目で見て分かっていただけると思います。

4について、硫黄泉のような刺激臭はありませんが、確かに香りがします。

5の「美しい」は設計士ならではの美的感覚ですね。

6について、川岸露天風呂は明治初期の湯治場を思わせる造り、雰囲気になっております。

この本は アーキメディアから発行されています。温泉と建築に興味のある方は、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

Simgp3594表紙に出ているのは福島県東山温泉の向瀧さんです。

2010年10月25日 (月)

頑張れY社員!

今朝の塩原温泉は、昨日夕方からの雨が上がり、ほんの少し青空も見えます。23日.24日と行われた巻狩りまつりでは、雨になると頼朝役をやった人のせいになるそうで、黒磯はどうだったでしょうか?雨にはならなかったようです。

10月1日から、タバコが値上げになったのを機会に、喫煙を止める方が多いようです。

当館にも喫煙者が数名いますが、その中でYという苗字の社員が2名おります。

一人のYさんは9月30日に「俺 明日からタバコ止める」と言ってその通りにしています。意思が強いなー。

もう一人のYさんは一日3箱吸っていたのを一昨日の昼から1日1本で、我慢しています。何とか本数を減らして、最終的には禁煙してほしいです。

私は吸う理由がないのと、体質に合わなそうなので、一切タバコを吸いませんが、禁煙の辛さを味あわないので、本当に助かります。

聞いた話ですが、某旅館の名物中居さんは、タバコに火を付ける時、ライターでなくチャッカマンで火を付けているそうですね。

2010年10月24日 (日)

四季の里橋付近の紅葉

今朝の塩原温泉は曇りです。晴れの日が続かないでいます。

当館から約1KM下流に四季の里橋があります。ここから見るモミジの先の方が赤くなってきました。

最近、朝夕冷えてきたので、このモミジの木全体が赤くなる日も近そうです。

やはり赤の色が出るのは、冷え込みが必要ですね。

また今日は 先日このブログでもご紹介した巻狩りまつりが、那珂川河畔公園で開催されます。時間があったら見に行きたいですが、、、

Simgp3581 右側には栃木県医師会塩原病院があります。

« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31