« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »

2010年11月14日 - 2010年11月20日

2010年11月20日 (土)

仙人岩吊り橋からビジターセンターまで工事が終わりました。

今日も塩原温泉は晴れています。もみじは、まだ赤い状態ですが、紅葉のピークは温泉街の入り口に移り、宿の周辺は晩秋のたたずまいになっています。

仙人岩吊り橋からビジターセンターまで、遊歩道の工事が行われていましたが、無事に終了しました。

当館からビジターセンターまでは 舗装の道を歩いて行く事も出来ますが、やはり遊歩道を歩けると、散策気分が味わえます。

雪が降り始めるまでは、まだ時間がありますので、川沿いや山の中の遊歩道を歩いてみてはいかがでしょうか?

Simgp3815 仙人岩吊り橋 晩秋のたたずまいです。

Simgp3818 遊歩道の入り口、奥におかねさんの石碑があります。

2010年11月19日 (金)

門前地区 大鍋ふるまい

今朝の塩原温泉は快晴です。

今日は11時から門前交流広場で 一連の大鍋ふるまいのトリになる、門前地区大鍋ふるまいが行われます。

門前地区は最近元気が良いですね。

ココステも下野新聞で大きく取り上げられ、昨日もテレビ朝日で門前の生中継が流れていました。

時間が出来たら行ってみようと思います。

昨年は雨で 旅館の玄関前での鍋ふるまいでした。良い写真がないので、今朝の当館手前の もみじの写真をアップしました。

Simgp3819

2010年11月18日 (木)

出席出来なかったクラス会

今日の塩原温泉は晴れて風もない穏やかな朝です。

13日の土曜日は、宇都宮市立一条中学校のクラス会でした。2年生3年生はクラス替えが無く、2年間机を並べた同級生達です。

諸般の事情?で 私は宇都宮の中学校を卒業していますが、塩原の旅館関係者でも数名一条中の先輩がおります。

何とか出席したかったのですが、紅葉の土曜日に宇都宮まで行くのは、やはり無理でした。

でも2次会の席からかかって来た電話で、30数年振りに話をできた人もいて、懐かしく、ほのぼのとした気持ちになりました。やはり同級生はいいですね。

平日にクラス会をやって欲しいとは言いませんが、私も出られる土曜日に次回は開催してもらいたいです。

一条中には 泉町にある親戚の家から通っていました。泉町は栃木県を代表する繁華街で、私が中学生の頃は飲み屋街が膨張していました。最後は隣の家が凄い店になっていた、、、

今でも、人から「中学校の時はどこに住んでいたのですか?」と聞かれて「泉町」と答えると、聞いた方は途端に顔色を変え、ニヤリと笑う方が多いです。おなじみの店でもあるのでしょうか?

2010年11月17日 (水)

コーチング研修

今日の塩原温泉は曇りですが、昨日より暖かい朝です。

昨日は10月に続いてコーチングの研修を行いました。

今年2回目 通算では4回目になります。

当館は川岸露天風呂は有名で、泉質も素晴らしいと自負していますが、加えて良い接遇、料理があれば、もっとお客様に喜んでいただけると考えています。

料理と接遇は密接に関係していて、心のこもった接客があって料理も生きてくると思います。

顔なじみの講師ですが、皆初めは緊張気味でした。時間が経つにつれ社員の笑顔が多くなり、明るくなっていったので、私としても開催してよかったと実感できました。

Simgp3808

2010年11月16日 (火)

白鵬 敗れる

今朝の塩原温泉は晴れて、少し冷え込んでいます。尾頭峠の上のほうは白くなっていました。

昨日大相撲で横綱白鵬が、まさかの黒星を喫しました。白鵬は双葉山の連勝記録を破る可能性が高いと思っていましたが、、、稀勢の里日本人力士の意地を見せてくれて、良かったと思います。

高岡秀雄さんが著書「意識のかたち」の中で、力だけでないジンブレイドという概念について書いています。千代の富士のスピードと力も、初代若乃花に通じない、、初代若乃花よりも大鵬が強い、大鵬よりも双葉山が強く、双葉山が最強かと思ったら常陸山が一番強かった、、

ジンブレイドについては、上手く説明できませんが興味のある方は「意識のかたち」をお読みになってはいかがでしょうか?

s-IMGP3802.jpg

2010年11月15日 (月)

赤峰勝人氏講演会

今日の塩原温泉は雲が多めですが晴れ間も見えます。もみじはまだ真っ赤な木が多いですが、かえで系の黄色の木が落ち葉が多くなってきました。紅葉のピークは温泉街の入り口に移っています。

昨日は、赤峰勝人氏講演会に行って来ましたが、無理をして行った甲斐がありました。

内容を一部ご紹介します。

10アールの田んぼと5アールの畑があれば5人家族が食べる食料は確保できて、慣れれば1日1-2時間で管理できる。

食事指導をして、無農薬、無化学肥料の玄米や、野菜を食べた夫婦に子供が授かった。

千島学説では 赤血球は小腸で作られ、断食で小腸をきれいにする事により、健康になれ、食事指導ととの併用でガンが治った例もある。

今日1日を精一杯生きるのがモットー。

私も千島学説、陰陽についての本を読んでみたいのと、実際になずなの会で作った野菜を食べてみたいと思いました。

s-IMGP3797.jpg

講演が行われた小岩アーバンプラザ。

2010年11月14日 (日)

ニンジンの奇跡

今日の塩原温泉は曇りで、朝の会計が一段落したら、東京で赤峰勝人氏の講演会に行ってきます。

学生時代の友人S君が「私の人生観を180度変えてくれた人」と講演会の日程を教えてくれたのが、赤峰氏を知るようになったきっかけでした。当初出かけるのは難しい状態でしたが、無理をしてでも聞いた方が良さそうなので、行ってみることにしました。

講演を聞く前に著書の「ニンジンの奇跡」を読んでみました。以下抜粋と私の感想です。

赤峰氏も玄米食に切り替えて1年間で体重が20kgも減り、私が玄米を食べるようになって痩せた理由も納得がいきました。

酸性食品である玄米を中和し、おいしさをかもしだすのに、玄米1升に対し20gの自然塩を入れて炊き、ゴマ8、塩2の割合でごま塩をかけて食べます。

私も玄米は口の中で30回噛むことと、塩のことはやってみようと思いました。

塩が悪者にされていますが、砂糖の害の方が大きいそうで、塩づくりにも取り組み、農薬、化学肥料を使わない循環型農業の普及やアトピー、難病の方の食事指導もしています。「塩切れ」という言葉も始めて聞き、必要以上に塩を悪者扱いすべきではないようです。

臨死体験をしたり、長男を可愛い盛りの1歳で亡くし、借金に苦しみながら無農薬、無化学肥料農法を完成した赤峰氏の講演会は、無理をしても聞きにいく価値があると思っています。

著書で紹介されていたトルストイの「イワンの馬鹿」も読んでたくなりました。

Simgp3788 ご一読をお勧めします。

« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31