« 二日酔いに効くレシピ | トップページ | 被災者の方向けの特別プランを作りました。 »

2011年3月15日 (火)

当館の源泉 その1

今朝の塩原温泉は、晴れて暖かい朝です。

このブログで、当館の温泉について、「天下の名湯」とか「自然湧出」とか書いていますが、現場をお見せしないのはいかがなものか?と思い、昨日は源泉の写真を撮ってきました。

これは「刈子の湯」という源泉です。ご覧の通り鹿股川の左岸から自然湧出しています。このあたりの地名を、刈子と言います。

塩分、鉄分の多い源泉で、湯冷めせず良く暖まります。もちろん全ての浴槽が、

源泉かけ流しです。そして自然湧出なので、停電中でも浴槽に流れ込んでいきます。

Simgp5022 刈子の湯。落ち葉を取れば良かったですが、自然に近い状況をと思い、ありのままを撮影しました。

Simgp5025 刈子の湯の所の鹿股川。オーバーしたお湯で岩が茶褐色になっています。川底からは泡が出ていて、川底にも温泉が湧いているのでしょう。今年の夏に水泳パンツ持参で確認してみたくなります。

Simgp5028 全体はこんな感じです。危険な箇所もあるので、近づかないようにして下さい。

« 二日酔いに効くレシピ | トップページ | 被災者の方向けの特別プランを作りました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487672/39223760

この記事へのトラックバック一覧です: 当館の源泉 その1:

« 二日酔いに効くレシピ | トップページ | 被災者の方向けの特別プランを作りました。 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31