« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »

2011年3月6日 - 2011年3月12日

2011年3月12日 (土)

停電だけの被害で済みました。

今朝の塩原温泉は晴れて、冷え込みも緩んでいます。

昨日の地震で亡くなられた方のご冥福を心からお祈りすると共に、行方不明の方が無事に見つかることを願っています。

昨日の地震の状況を取り急ぎお伝えします。

結論から申しますと、停電しただけで建物の被害はありませんでした。電気も朝4時40分に復旧いたしました。

温泉も自然湧出なので、昨日も懐中電灯を使っての入浴になりました。

塩原街道の国道400号線も通常通り通行できます。以上取り急ぎご連絡いたします。

2011年3月11日 (金)

外国人観光客ホスピタリテイ研修会

今朝の塩原温泉は、晴れていますが、気温はまだ低めです。昼間は暖かくなり、道路の雪はほとんど溶けました。

昨日は一日県内出張でした。何箇所も回りましたが、午後2時からは栃木県産業労働観光部主催の、外国人観光客ホスピタリテイ研修会に参加しました。

講師は、上野 谷中の澤の屋旅館、館主の澤功さんでした。

バス付きの部屋がなくても、英語が不得意でも、その気があれば外国人観光客を呼び込める話を4時30分まで休憩5分をはさみ、聞かせていただきました。

「旅の思い出で最後まで残るのは、その国の人とのふれあいや、一寸親切にされたことである」の言葉が一番印象に残りました。

最後はやはり、人なのだと思います。

文化習慣の違いも、「悪い」のでなく「違う」認識を持って対処すれば良いようです。

Simgp4996 小針参事あいさつ。

Simgp4998 澤功さん。誰かが先生と言ったら、「澤さんでいいよ」とのことでした。

2011年3月10日 (木)

後輩が本を出しました。

今朝の塩原温泉は、2cmに満たない位ですが、うっすらと雪化粧しました。土曜日には暖かくなるようですね。

私の青年会議所の後輩 阿久津一志君が、この度 本を出しました。

題は「職人を教え、鍛え、育てるしつけはこうしなさい!」で、出版社は同文館出版です。

著者プロフイールにあるように、現在実家の阿久津左官店の代表取締り役を務め、左官職人の育成に力を入れ、なおかつ立教大学大学院ビジネスデザイン研究所で会社経営および職人の育成の研究を行っています。この手の本は少ないこともあり、好評のようです。

機会がありましたら是非ご一読をお願いします。先ほど、AMAZONで阿久津一志と入力したら、ちゃんと名前とこの本のタイトルが出てきます。

本の出版、、後輩ながら大したものです。

Simgp4895

2011年3月 9日 (水)

フキノトウが芽を出し始めました。

今朝の塩原温泉は、快晴で冷え込みも緩んでいます。日陰の雪もだいぶ溶けてきました。

季節は確実に進んでいるようで、当館の周囲もフキノトウが芽を出し始めました。

天然物を自分たちで採って来るので、常時お出しするのは難しいですが、春の味覚を味わっていただければ、と思います。昨日は滞在のお客様にテンプラにしてお出ししました。

また 昨日はホタテを届けてくれた社員がいて、、楽しく飲めました(^^♪ おまけに宴会のお誘いも2つあり、お酒や食べ物に縁のある一日でした。

独り言

沢山食べて体重を増やしたいですが、今年は鳥海山、もしかしたら屋久島の宮之浦岳に行くかもしれないので、つい歩きすぎています。                   

Simgp4969 フキノトウを見ると春の訪れを感じます。

Simgp4978 テンプラにしてお出ししました。

2011年3月 8日 (火)

盲点がありました。

7日のブログ松田教授の講演会の中で、これからは「源泉かけ流し」がキーワードになると書きましたが、自社ホームページに「源泉かけ流し」の文言が抜けていました。

温泉は、源泉かけ流しが当たり前と思っていて、書き忘れていました。

お恥ずかしい限りです。遅くなりましたが表記するようにいたしました。

湯西川 かまくら祭り

今朝の塩原温泉は晴れていますが、昨日よりは冷えています。

6日は松田教授の講演会の後、湯西川の かまくら祭りを見に行きました。

これは冬場 足掛け3ヶ月のイベントです。お客様も大勢来るようですが、私は見に行ったのが初めてでした。

少し早く着いたので夕食を山道という焼肉屋さんで食べました。気さくな女将さんと美味しい料理、料金も手頃です。地元のリピーターが多いのも、うなずけます。鹿刺しが一番美味しく感じました。アサヒ生ビールも旨い!

かまくらは幾つもあり、中でバーベキューが出来るようにコンロもありました。雪の確保が年々大変になっているそうです。

川原の灯篭も1000個以上あります。私たちはお客様目線と、実際に運営する側の目線と両方で見てしまいますが、協力者が大勢いないと出来ないお祭りと思いました。

7名で行きましたが、体脂肪率が20%を切っているのは私だけのようで、他の方は寒くないようですが、私は外に立っていると寒く感じました。

Simgp4935 道の駅 湯西川前の五十里湖は凍っています。塩原よりも寒いのですね。

Simgp4938 山道の鹿刺し、くせがなく旨いです。

Simgp4955 ライトアップされています。モンゴルを思わせるかまくらです。

Simgp4960 なかなか見事な光景です。ろうそくに火を灯すだけでも大変そう。

2011年3月 7日 (月)

松田忠徳教授 講演会

今朝の塩原温泉は みぞれになっています。昨日よりも暖かいですが、、

昨日は札幌国際大学の 松田忠徳教授の講演会が、ビジターセンターで開かれました。教授のお話を箇条書きしながら、若干私の感想も付け加えて、今日のブログを書いてみます。

本物は世界に通用する。時代が変わっても生き残るのが「本物」。温泉に関してのキーワードは「源泉かけ流し

どれだけ わきたて(地面から湧き出たという意味)を提供できるかが生命線。温泉は一般的に48時間立つと普通の水になる。

ITなどを中心に時代は急激に進歩しているが、人間の体は江戸時代と変わっていない。そして江戸時代の健康法は真実である。

温泉に入らなくなったので、ガンが増えているのではないか。

アメリカは現代医学の限界を理解し、予防医学、東洋医学を含めた代替医療に重点が移り、ガンも減っている。

湯治は予防医学であり、温泉は副作用にない薬である。

どんな素晴らしい温泉でも毎日入っていると効果が薄れてくる。月に2-3回は泉質の違う温泉に入ると良い。---最近お客様で 当館の姉妹館の彩つむぎのお風呂に行かれる方が多くなってきています。彩つむぎの温泉は当館と泉質が異なり、お客様も泉質の違う温泉に入る効果を知っている方が増えてきているのでしょう。

これから日本で伸びていく産業は観光である。--大変ありがたい言葉です。この言葉を信じて頑張っていきたいです。

勇気ずけられ、元気の出る講演会でした。今朝急いでまとめてみましたが、書き足りない部分などがあったら、後日補足いたします。

Simgp4932

2011年3月 6日 (日)

塩原温泉 もの語り館 昼食

今朝の塩原温泉は晴れて風もなく、冷え込みも緩んでいます。

先日は久しぶりに 塩原温泉 もの語り館で軽いお昼を食べました。

2階のレストラン洋燈(ランプ)の入り口には、今の時期らしく雛祭りが飾られています。

私は「那須葱の細麺」を頂きましたが、だしのとり方も上手で体の芯から暖まるようでした。足湯の回廊ををイメ-ジした「湯っ歩カレー」もあり、地元密着のメニューが揃っています。                                                                                                                   

Simgp4913

Simgp4915 那須葱の細麺

Simgp4919 湯っ歩カレー

« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月13日 - 2011年3月19日 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31