« 2011年5月22日 - 2011年5月28日 | トップページ | 2011年6月5日 - 2011年6月11日 »

2011年5月29日 - 2011年6月4日

2011年6月 4日 (土)

朝寝坊プラン アップしました。

今日も塩原温泉は晴れで、昨日から気温も平年並みになってきました。これから天気の良い日が続きそうです。

以前から行きたかった場所にも来週は行けそうで、その時は写真も撮ってくる予定でいます。

私は他の地域に行ったり、旅館に泊まるのは基本的に好きですが、時々朝食の時間を気にせず寝ていたいと思うこともあります。

そこでこの度、1泊夕食 朝寝坊プランを作りました。朝食の時間を気にせず、ごゆっくりお休み下さい。

朝 お腹がすくのが心配なお客様は、オプションで「おにぎり弁当」のご用意もしております。                                 

S 

 

2011年6月 3日 (金)

深山幽谷の趣

今日の塩原温泉は数日振りの晴れで、雨上がりの緑が目にまぶしいです。山も新緑から初夏の景色になってきました。気温も平年並に戻り、爽やかな朝です。

昨日までは 曇りや雨の日が多くなっていました。晴れの日は良いのは勿論ですが、雨の日も、それなりの雰囲気があって良いです。

特に霧が出てきた時は、深山幽谷の趣があります。国道400号線が ここから約1kmの所を通っているとは、とても思えません。

非日常の空間に身を置いているような感覚になります。

旅行は皆でワイワイも良いですが、こういう日は 一人旅プランもいいかも、しれませんね。朝夕食ともお部屋にお持ちいたしますので、誰にも気兼ねなくお寛ぎいただけます。

Simgp5906

Simgp5915 夕方にかけて霧が濃くなってきました。

2011年6月 2日 (木)

日本温泉協会

今日の塩原温泉は曇りですが、時折日が差しています。気温は平年よりも低めです。

5月31日は、江戸東京博物館行ってから、日本温泉協会の理事会に出席しました。

私は不真面目な団体には加入していませんが、日本温泉協会は、その中でも特に真面目な団体で、業界の課題に真摯に取組んでいます。

福島原発の事故を受け、自然エネルギーへの変換が語られています。温泉に関しては地熱発電でしょうか?

地熱発電を始めて温泉に影響(枯渇、温度低下)も報告されていて、消費者の理解を得ながらの地熱発電への対応も、今後の課題になってきました。

Simgp5898 中身の濃い理事会でした。

2011年6月 1日 (水)

五百羅漢展

今日の塩原温泉は曇りで、気温は平年よりも低めの朝になりました。

昨日は日本温泉協会の理事会で東京出張でした。1ヶ月に2度、東京に行くのは珍しい事です。東京在住の友人と一杯やろうかとも考えましたが、おとなしく帰ってきました。

理事会前に時間ができたので、江戸東京博物館の五百羅漢展を見てきました。これは江戸時代の狩野一信が書いた羅漢の展示です。全部で100編10年がかりの作品ですが、最後の4つは書き終わる前に没してしまい、奥さんや弟子が完成させたようです。

私は絵心はありませんが、絵からにじみ出るエネルギーを感じる作品が多くありました。東京の大空襲にも燃えずに、よく残りました。こうして、多くの方に観てもらえて、作者も喜んでいそうです。

でも羅漢さんも天に行ったり、龍宮に行ったり忙しいものです。龍宮で美人に接待されると笑顔になるところが、何とも親しみを感じました。(杯も描かれていました。)

7月3日まで展示されています。

Simgp5894

2011年5月31日 (火)

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか

今日は東京出張で、前日投稿です。

竹田恒泰さんの書いた「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」を読みました。

新聞の広告を見て借りてきましたが、日本のすばらしさ、日本人に生まれて良かったと、再認識できる本です。

昨年、法人会の講演会で、金美麗先生の紹介した台湾の烏山頭ダムの建設に携わった八田与一さんの事も載っていました。何故こういう記述が歴史の教科書に無いのか不思議です。歴史や神話を否定された民族は骨抜きになるそうで、占領政策の名残?

国は傲慢になってはいけませんが、必要以上に自己否定しても、いけないと思います。著者の主張には同感できる箇所や、痛快に読める箇所がありました。

痛快に読めた箇所の一部を要約してご紹介します。

君が代を歌わず、国旗を掲揚しない人が、サッカーの応援で自分の顔に日の丸を塗って応援するのは、いかがなものか。

中国4千年にこだわるなら、日本を軍国主義呼ばわりする前に、元の日本侵略(鎌倉時代)を反省してほしいものだ。

たとえ収入が少なくとも、毎日懸命に働いている人の生き方は美しい

他にも地震以降、大変な目に遭っている中小企業の経営者が読んで、勇気が出てくる記述が多く、一読をお勧めいたします。

私は読み終えてから、妙に気分が晴れ晴れとしています。

Simgp5700

2011年5月30日 (月)

鯛の活造り

今日の塩原温泉は雨もあがり、曇りです。昨夜は珍しく、塩の湯でも風が吹く時間がありました。

川岸露天風呂に冠水はしませんでしたが、川の水量も増え、川底も洗われていると思われます。七つ岩吊り橋付近では、箒川川底の緑色凝灰岩が見れそうです。

昨日の雨で、ぼたん祭りの駐車場係りは免除になりました。お昼を三條屋で食べようかと考えていましたが、予定が狂いました。

さて、土曜日のNIKKEIプラス1に、井門隆夫さんが南あわじ温泉郷の事を書いていました。ある時大人数で、てんてこ舞いした旅館が、さばきたてのタイの刺身を皿にもらず魚の上に乗せて出したところ、あばれるタイをみてお客様が大喜びして、それ以来「鯛の活造り」として名物になっています。

塩原のスープ入り焼きそばも、出前をした時、ラーメンと焼きソバが混ざったのが、始まりと言われています。名物は、意外な所から出来るものですね。

私も いつか混ぜ合わせた料理?を、このブログでご紹介したいと思っています。(かけ言葉と共に)

Simgp5876

2011年5月29日 (日)

28日 和の響 チェリティーコンサート

今朝の塩原温泉は雨になりました。今日の午後は妙雲寺ぼたん祭りの駐車場係りで、合羽持参で行くようです。

28日は 塩原もの語り館で、 和の響 チェリティーコンサートが開かれました。

苺一会(イチゴイチエ)と織座の2つの琴のグループの演奏でした。(オペラ歌手や三味線は29日の三島ホールに来ます。)

司会も言っていましたが、箒川のせせらぎと琴の音色の相性がいいです。時折上空を飛ぶトンビと街道を走る馬車のヒズメの音が、温泉場らしい情緒を かもし出していました。

聞いた曲の中で一番印象に残ってのは、苺一会の仙台の応援歌でした。ささかまぼこの駄洒落のような部分もあり聞いて元気になる曲です。CDも発売されていますので、機会がありましたら、是非お聞き下さい。

でも琴も流派によって、爪が四角だったり、三角だったりするのは、面白いですね。

Simgp5869 苺一会(イチゴイチエ)の皆さん。メンバーに栃木県出身の方もいます。

Simgp5874 織座の方。メンバーは9人ですが、2人で演奏する場面もあります。

« 2011年5月22日 - 2011年5月28日 | トップページ | 2011年6月5日 - 2011年6月11日 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31