« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

2011年2月27日 - 2011年3月5日

2011年3月 5日 (土)

男子風呂メンテナンス

今朝の塩原温泉は晴れていますが、気温は低めです。

何回かこのブログに書いていますが、当館の温泉は鉄分塩分が多く、「名湯」と自信を持って言えますが、メンテナンスに手間がかかります。

昨日は浴槽のカド取りや排水のスケール取りを行いました。温泉の表面の当たる部分の石は徐々に侵食され尖ってきます。そこでヤスリをかけてカドを取る作業が必要になってきます。

温泉の管にスケールが溜まりますが、排水にもスケールが溜まってきます。こすりながら洗い流します。

社員も大変だと思いますが、お客様から「素晴らしい温泉だ」とお褒めの言葉をいただくと、本当に嬉しくなります。お客様もいろいろな温泉に入り、違いが分かる方が多くなっているようで、お褒めの言葉が多くなっています。

Simgp4900 こすりながら洗い流します。

Simgp4905 カドを削ります。

2011年3月 4日 (金)

産地視察研修会

今朝の塩原温泉は、雪が舞っていて冷えています。明日からは暖かくなるようですが、、、

一昨日は 第3回とちぎ食のコンシェルジュ産地視察研修会に、行ってきました。農産物マーケテイング協会や支所の後援があり、ありがたい事です。

私は初めての参加でしたが、「那須のトマト」「白美人ねぎ」「春香うど」の3軒の生産者の方を訪問し、実際のハウスの中の栽培現場を見させて頂いたり、お話をお伺いしました。

商標登録をしていたり、栽培方法にも工夫を重ね、ブランドとして確立しようとしている思いが、強く伝わってきました。

お昼を食べた黒磯の榊原会館では情報交換会も開かれ、楽しい中にも有意義な一日でした。

お土産で春香うどを一人1本頂戴したので、私の分は調理長に渡してお客様に使うようにいたしました。

生で食べた春香うどは、本当に美味しいですね。

道中のバスの中では、後ろに座った体格の良い若者2人の[ラーメン店談義]も楽しく聞かせてもらいました。それにしても、沢山のラーメン店を知っています。外出するときはラーメン店を3-4軒ハシゴしているのでは?と思ってしまいました。

Simgp4863 トマトハウス内。23度ありコートを着ていると暑いくらいです。

Simgp4867

Simgp4871 白美人ねぎ。ねぎ栽培農家の中で一定以上の技量がある農家が栽培しています。

Simgp4875 榊原会館のお昼。ここに茶碗蒸し、グラタン、デザートが付きます。

Simgp4882 情報交換会。農産物マーケテイング協会理事長挨拶。

Simgp4891 春香うど栽培現場。

2011年3月 3日 (木)

栃木県立博物館 結城紬伝統の美と技

今朝の塩原温泉は、晴れていますが温泉街は風もあり、1cmに満たない位ですが雪がうっすらと積もっている場所もあります。

先日宇都宮で 説明会、講演会がありました。日中時間が空いたので、栃木県立博物館 「結城紬伝統の美と技」を見てきました。

作るのに随分と手間や技術が必要で、値段が張るのも仕方ないですが、最近は洋装にも結城紬を用いて、需要拡大の動きもあります。

県立博物館は 特別展の他にも常設展で栃木の自然、歴史、人々の生活なども紹介されています。

場所は、栃木県立中央公園内にあって、地元の方の憩いの場にもなっています。

実は私は高校生の頃、この近くに下宿していました。当時は公園でなく、日本専売公社社員寮でしたが、、だんだん日本専売公社と言っても分らない方が多くなっていくのでしょう。

Simgp4792 展示物は撮影禁止になっていました。右側の1階と2階が結城紬の特別展です。

Simgp4793 中央公園は池や日本庭園、ロックガーデンもあります。

Simgp4796 帰るときは夕日がきれいでした。(塩谷町付近)

2011年3月 2日 (水)

県道 塩原矢板線

今朝の塩原温泉は曇りですが、暖かい朝です。先月の28日に降った雪も、ほとんど溶け日陰に数メートル残っているだけになりました。

塩の湯道の当館の手前 約400mの所を右に曲がると、八方ヶ原経由で矢板に行くことができます。この道は、県道 塩原矢板線と言われています。

蜂蜜販売所の所で、12月1日から通行止めになっていますが、ツツジの頃は意外と通行量が多くなります。

左に行くと矢板、右の林道は許可車以外は通れませんが、ここを小1時間歩くと「甘湯新」に行くことができます。ここは以前 このブログでも紹介いたしましたが、自分でブルーシートを敷いて浴槽を作る秘湯中の秘湯です。

林道から甘湯新湯の入り口は分りにくいようですが、今年こそ行ってみたいと思っています。

Simgp4800 途中に子育て地蔵があります。

Simgp4837 除雪車の寄せた雪が残っています。雪のない時期は矢板に抜けることができます。

Simgp4841 1時間くらい歩くと甘湯新湯に行けるそうです。                          

Simgp4859 今朝の塩の湯道、おかねさん石碑前です。

2011年3月 1日 (火)

司馬仲達

今日から3月。私は朝から1日出かけていて、前日投稿です。

「仲達」という本を読みました。その理由は「三国志の英雄である曹操が立てた魏の国が、どうして曹操の部下だった司馬仲達の一族の晋に取って代わられたか」という疑問があったからでした。

長い間の疑問が大方分りかけてきました。「大方」と書いたのは、この塚本青史氏の書いた「仲達」では、魏が晋に取って代わるまでは描かれていないからでした。でも仲達の人となりが良く分りました。思慮深く、先の先まで読む人物です。

この本で印象に残った部分をご紹介します。

有名な五丈原の戦いで「死せる諸葛、生ける仲達を走らす」という諺があります。当時から諸葛孔明を英雄視する風潮はありました。

これを悔しがった部下に仲達は「善く戦ふものの勝つや、智名なく勇功なし」と言います。孫子の言葉で、内容の充実が得られれば、世間の評価など二の次だ、と諭したわけです。

なかなか言える事ではないですね。この本では魏に対しての忠義も限度があると、仲達が腹をくるる場面で終わっていますが、続きを読みたくなります。

Simgp4836

2011年2月28日 (月)

村半分?

今朝の塩原温泉は、雨からみぞれになっています。

今日で2月も終わり、、2月は早く過ぎて行くように感じます。

村半分という言葉をお聞きになったことは、あるでしょうか?村八分でなく、村半分です。

私は最近初めて聞きました。「その土地、地域の半分しか良いところを見ていない」とう意味があり、栃木県の県民性を表現しているとも言われています。

栃木県は福田知事自ら、県のPRに努めていますが、村半分という性質も改めていかなくては!とも思いました。

Simgp4842 栃木の郷土料理「しもつかれ」ヘルシーで食材も余すことなく使います。これも、もっと宣伝した方が良いと思います。最近では今市でしもつかれコンテストも開かれてはいます。

2011年2月27日 (日)

2月26日 鹿股川上流

今朝の塩原温泉は、晴れて風もなく穏やかな天気です。

昨日の日中、時間ができたので鹿股川上流に行ってきました。1月11日以来です。

季節は進んでいて雪も随分と溶けてきました。

今年はチームを編成して八方ヶ原に行きたいですね。一番にいいのはツツジの咲く頃でしょうか?

Simgp4825 通行止めになっている所の雪もなくなってきました。

Simgp4826 砂防ダム付近も春らしくなってきています。                             

Simgp4829 事業所の手前です。

Simgp4830 スッカン沢の日陰は雪が残っています。

« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31