文化・芸術

2011年5月25日 (水)

19日の下野新聞から

今日の塩原温泉は快晴で、気温も平年並みに戻ってきました。昨日は旅館組合と観光協会の総会、合同の懇親会でしたが、詳しくは後日にお話します。

19日の下野新聞の県北版に那須高原ホテル松川屋の支配人をやっていた小島さんの記事が載っていました。

糖尿病の診断を受け始まったウオーキングのことです。19年かけて地球を1周した距離を歩く、、、、夢があって良いと思います。

糖尿病とは知りませんでしたが、以前旅行会社主催の研修旅行にご一緒したとき、歩くだけでなく柔軟体操もやっていたのを思い出しました。

72歳になったそうですが、いつまでも元気に歩いてほしいものです。

私の場合、一日12000歩から13000歩の歩数になるので、1歩55cmとすると1ヶ月で仙台の手前までいける計算になります。

Simgp5808

2011年3月 3日 (木)

栃木県立博物館 結城紬伝統の美と技

今朝の塩原温泉は、晴れていますが温泉街は風もあり、1cmに満たない位ですが雪がうっすらと積もっている場所もあります。

先日宇都宮で 説明会、講演会がありました。日中時間が空いたので、栃木県立博物館 「結城紬伝統の美と技」を見てきました。

作るのに随分と手間や技術が必要で、値段が張るのも仕方ないですが、最近は洋装にも結城紬を用いて、需要拡大の動きもあります。

県立博物館は 特別展の他にも常設展で栃木の自然、歴史、人々の生活なども紹介されています。

場所は、栃木県立中央公園内にあって、地元の方の憩いの場にもなっています。

実は私は高校生の頃、この近くに下宿していました。当時は公園でなく、日本専売公社社員寮でしたが、、だんだん日本専売公社と言っても分らない方が多くなっていくのでしょう。

Simgp4792 展示物は撮影禁止になっていました。右側の1階と2階が結城紬の特別展です。

Simgp4793 中央公園は池や日本庭園、ロックガーデンもあります。

Simgp4796 帰るときは夕日がきれいでした。(塩谷町付近)

2011年2月24日 (木)

マザーテレサ写真展

今日は東京出張です。ホテルレストランショーにも行く予定でいて、このブログは前日投稿です。

ホテルレストランショーは東京電力のブース見学をメインに,見る箇所は絞って見てこようと思っています。

さて、東北自動車道の西那須野、塩原I.Cを西那須野能面に約4KM走ると 三島ホールがあります。

ここで3月8日から、マザーテレサ写真展が開催されます。マザーテレサについては、改めて説明の必要はないほど、有名な方です。

亡くなってから何年経つのでしょうか。でも その精神と功績は今も受け継がれているようです。

Simgp4752

2011年2月19日 (土)

今日は雨水(うすい)

今朝の塩原温泉は晴れで、風も収まってきました。

今日は二十四節気の雨水(うすい)です。雪が雨に変わり、寒さも峠を越えると言われています。

今年の冬は2月半ばまでは、雪が少なく例年よりも寒い日が多くて、2月半ばに雪が多めに降りました。夏暑かったのですから、冬ももう少し暖冬を期待していましたが、、、

今年は立春や雨水が待ち遠しく思えました。これから暖かくなってもらいたいですね。

でも一昨日の雨から 暦どおり季節が変わってきているようです。四季の里橋付近の日差しも春を思わせるようになり、塩の湯道の雪もほとんど溶けました。(日陰にほんの少しだけ残っています)                                                      

Simgp4745 四季の里橋 付近

2011年2月10日 (木)

結城紬 栃木県立博物館特別展

今朝の塩原温泉は雪が舞っています。まだ道路を白くするほどではないですが、、

小山市や茨城県の結城に伝わる結城紬が、ユネスコ無形文化財に登録されたのを記念して、明日2月11日から3月13日まで宇都宮の栃木県立博物館で、特別企画展が開かれます。名称は「結城紬 伝統の技と美」です。

結城紬は、国の重要無形文化財でもあり、華美でなく素朴で温かみがあります。期間中の2月20日と27日は、つむぎ、織りの製造工程の実演もございます。

茨城県結城市は当館からは車で約2時間です。お勧めは小倉商店の郷土館小田屋醤油蔵などです。昨年は行かずじまいでしたが、玄米を食べるきっかけは、結城市に行ったときでした。

結城を訪れる際は、益子や烏山方面の観光と合わせてコースを組んでみるのも良いと思います。

小山市では成人式用に結城紬を購入すると価格の40%(上限30万円)を補助するのを予算化するそうですね。

Simgp4518_2

2011年1月27日 (木)

国立科学博物館

今日は東京出張で前日投稿です。

東京では午前9時からのアポイントに始まり、終了が午後9時までの長丁場ですが、午前中時間が取れたら、国立科学博物館の「空と宇宙展 飛べ!100年の夢」を見てこようかと考えています。

この特別展では、小惑星探査機「はやぶさ」の宇宙ヨット「イカロス」の資料や,今後の計画も展示されています。はやぶさが何度も絶体絶命のピンチを切り抜け目的を達成したことが、我々日本人にどれだけ勇気を与えてくれたか分りません。

でも成功して本当に良かったと思います。失敗したら「2番でもいいじゃないか」と言われて、予算がつかず技術革新が止まったかもしれませんね。

2011年1月24日 (月)

今日は 愛宕(あたご)さん

今朝の塩原温泉は風もなく、晴れています。

今日1月24日は あたごさんです。これは男のお祭り?で神主さんにお祓いをしてもらい、そのあと、祠とお地蔵様をお参りして会食をする行事です。

本当は私が出なくてはいけません。しかし今日は彩つむぎ農林省局長表彰に関して、県庁で農政課の方たちとの懇談会があり、代わりの者にあたごさんは出席してもらうようにいたしました。

何故か5円玉を20枚用意して お供えをします。あたごさんの日は男は仕事をしてはいけない日のようですが勘弁してもらい、県庁の方と中身の濃い懇談にしたいと思っています。

Simgp4434 太古館の裏に祠があります。

Simgp4436

Simgp4440

2011年1月12日 (水)

青木コレクション

今日の塩原温泉は風もなく、よく晴れています。

那珂川町馬頭広重美術館から青木コレクション展の案内が来ました。

これは 現在のさくら市の実業家 青木藤作氏が大正から昭和初期にかけて収集した作品の展示です。

前期が1月15日(土)から2月27日(日)副題は 明治の版画、日本画です。後期が3月4日(金)から4月17日(日)までで、副題は 青木藤作と徳富蘇峰です。

徳富蘇峰!当館にも縁の深い方です。うちの太古館は徳富蘇峰氏が「静かなるごと太古のごとし」と言って命名してくれました。

青木藤作氏は徳富蘇峰氏の影響で、浮世絵や美術品の収集を始め、それが青木コレクションの中核を形成しています。

もし、徳富蘇峰氏がいなかったら 青木コレクションもなかったかもしれない、と思うと共に、うちの太古館も別の名前になっていたかもしれないと思いました。

那珂川町馬頭広重美術館は当館から1時間少々です。行きかえりのコースにいかがでしょうか?

Simgp4237

2010年11月13日 (土)

金子勝教授 講演会

今日の塩原温泉は曇りです。

10日の日は、りんどう湖をあとにして、那須塩原市合併5周年記念、産業振興大会の慶応大学教授 金子勝氏の講演会を聞いてきました。

以下 講演会の要約です。

地域分散型の経済が21世紀の日本経済のモデル--
食とエネルギーの転換が必要

世界の先進国は どこも政権が不安定でナショナリズムを抱えている。
アメリカの金融市場もメタメタで いまだに金融危機の状態

ドルがあぶれると 石油や穀物に投機資金が集中する可能性がある。
日本の耕作放棄地に全部太陽光パネルを付けたら、電力消費量の56%がまかなえる。
石炭から石油にエネルギーの転換が進んだように、石油、原発から太陽光、風力など再生可能なエネルギーへの転換を。

ブータン、岩手県くずまき町はエネルギー自給100%
大分県の大山町は農家の平均耕作面積4反だが、流通を支配し価格決定権を持っているので年収2000万円!(HPを見たら梅栗植えてハワイに行こうがキャッチフレーズになっていました。)

6次産業 地の物を加工して価格を安定させる。

儲かる、楽、社会の役に立っている の条件が揃えば後継者は帰ってくる。

などでした。べらんめえ調で良い講演でしたが、再生可能エネルギーに地熱発電を言っていた部分は納得できませんでした。地熱発電は既存の温泉への影響が予測不能で、環境破壊でもあるというのが私の認識です。質問しようとしましたが、市長も来ていたりしたので、自重しました、、

Simgp3783 金子勝教授、那須塩原市にとっても夢が持てるような提言がありました。

Simgp3780 会場の外では展示即売会も、写真は「がんこラーメン」でおなじみの菊地一郎商店さんです。

2010年11月 8日 (月)

星野道夫アラスカの旅

今朝の塩原温泉は快晴で絶好の行楽日和です。

昨日の読売新聞、ヤフーのトップページに上空から見た塩原温泉 、日塩もみじラインの紅葉が載っていました。温泉街は今週が紅葉のピークになりそうです。

那珂川町馬頭広重美術館から、星野道夫アラスカの旅ぼ企画展の案内が来ました。今月19日から来年の1月10日までの期間です。

以下案内からの抜粋です。

星野氏はアラスカに20年以上住み続け、広大な大地と厳しい自然の中で暮らす様々な生態をを撮影した写真家として知られています。星野氏の撮影したアラスカの豊かな自然を鑑賞して、我々が持っていた太古の記憶がもしかしたら思い出されるかも知れません。

私も時間を作って見に行こうと考えています。塩原からは約90分です。

Simgp3733

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31